【給料が高い】タクシー運転手へ転職するメリットをリサーチ

仕事の流れをつかんでおく

1日の勤務

TAXI

現在タクシー会社の求人に応募しようと考えているけれど、業務内容がよくわからないという方もいることでしょう。
タクシードライバーの求人に応募する前に、どのような流れで1日仕事をしていくかということを理解しておくのは面接を受ける際に有利に働くはずです。
タクシーの仕事は休憩時間は3時間とは言うものの、1日の勤務時間はおおよそ15時間から20時間と長時間の勤務となります。
しかし、週休2日制である一般の会社員とは、違い月に11日と勤務日数は少なく休みが多いのが特徴です。
このため仕事のペースに慣れると、多い休日を活かして時間に余裕を持って生活を送れるようになれるでしょう。
仕事の内容はどのような具合かと言うと、まず出勤をして制服に着替えて点呼を受け、他のドライバーと一緒に朝礼に出ます。
その場で、今日の道路の状況や運転時の注意事項等について運行管理者から説明があります。
そして、お酒を飲んでいないかアルコールの検査があり、乗務員証が配られていくのでこれを受け取り出発です。
出発の前には、安全に運転できるようにタクシーの各機器が正常に動くかどうか点検をしなくてはいけません。
ちなみに、タクシーは自分専用のものではなく相番と言って、2人で1台を共有して交代勤務で使用していくことになります。
会社から出発後は車を走らせながらお客さんを探す、駅前などのタクシー乗り場へと向かうなど、本人の営業戦略で仕事をしていきます。
その後も間に休憩を挟みながら運転を続け、就業時間になると燃料を満タンにして帰社です。
帰社した後はその日の売上を事務所に納金して、相番のパートナーのために車両の洗車をして勤務は終了です。
このような流れでタクシーのドライバーは仕事をしていくので、求人に申し込む前によく把握しておくといいでしょう。
求人に応募して採用になり働き出したときのイメージも湧き、生活の予定も同時に考えられるようになるでしょう。

再就職しやすい仕事

運転手

タクシードライバーとしての経験がある場合比較的再就職しやすいのがこの業界の特徴です。
タクシードライバーとして働くためには第二種免許が必要になるのですが、すでに経験があるということはこの免許を取得しているという事ですので、採用されてからすぐに業務を開始することができます。
タクシーの求人はどの時期にかかわらず比較的常に募集をかけていますから、求人も見つけやすいという利点があります。
自分が働きたいエリアの求人サイトからタクシーの求人を見つけるのも良いですが、ドライバー専門の求人サイトを利用すれば条件に合ったタクシードライバーの仕事を見つけることも出来るでしょう。
ドライバーとしての経験がない場合でもタクシー会社では採用率が高いと言うメリットがあります。
未経験の場合はまず第二種免許を取得することから始めるので実際に乗客を乗せるまでに1ヶ月から2ヶ月程度かかることもあります。
ドライバーの仕事が初めての方は慣れるまでに時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえば自分のペースで働くことができる仕事なので、運転することに抵抗がなければストレスフリーで働くことも可能でしょう。
タクシードライバーは歩合制を採用している会社が多いので自分自身が頑張ればその分具合がアップし、高収入も期待できる仕事です。
自分が頑張っても会社の業績が上がらなければ給料がアップしないというわけではなく、自分の成績次第で給料を上げることができるのもメリットです。

給料とシステムの差

ミニカーと人形

タクシードライバーとして働くには大きく分けて2つのパターンがあります。
法人か個人の差なのですが仕事内容的には変わりませんが給料や条件は大きく異なります。
まず法人タクシーは企業に所属して行う働き方です。
乗客から受け取る売上については、全て自分の利益になるのではなく歩合制をとっている会社がほとんどですので会社と売上を分配します。
完全歩合制の会社もありますし基本給などの保証が付いている会社もあります。
未経験からタクシードライバーを始める場合は求人に応募して企業に所属するタイプの法人タクシーになります。
最初から個人で働きたい人もいるかもしれません。
しかし個人で開業するためにはタクシードライバーとしての経験がなければなりませんし、いくつかの条件があるのでそれを全てクリアしなければ個人で行うことは不可能です。
未経験から目指す場合はまず求人サイトをチェックして未経験でも可能な求人を選んで応募してみてください。
タクシーの求人が全くないという時期はほぼありませんから選択肢も広がります。
企業に所属しないで自分で開業して行うのが個人タクシーです。
個人の場合は自分が事業主になりますから売上金全て自分の利益になります。
法人の場合は車のメンテナンスなどを会社が全て行ってくれるので自己負担はほとんどありませんが、個人タクシーの場合はすべて自己負担になりますので収入が増えたと同時に出費も多くなりますので注意しましょう。

仕事の流れをつかんでおく

TAXI

タクシードライバーの月間勤務日は11日で、約15時間から20時間程度の勤務時間で3回の休憩を取りながら営業をします。出勤後朝礼を受け乗務員証を手渡され営業へと出発します。就業時間が終了すると燃料を補充して会社へと戻るという流れになります。求人の際は、仕事の内容を掴んでから申し込むといいでしょう。

もっと読む

努力が稼ぎに繋がる

タクシー

タクシーの給料は基本給と歩合給という独特の給与システムですが、努力をすればするほど収入も比例して伸びていくので。毎日切磋琢磨して努力を忘れない方ならばタクシー運転手でも高い給料をもらうことができます。

もっと読む

自分のペースでできる

TAXI

タクシー運転手の求人が注目されているのは、比較的、年齢の上限がゆるいからです。高齢でも採用されることがあります。また、他の仕事と掛け持ちできることもあるので、シフト制勤務可能なところもお勧めです。いろいろと比較してみましょう。

もっと読む