【給料が高い】タクシー運転手へ転職するメリットをリサーチ

努力が稼ぎに繋がる

高収入も夢ではない

タクシー

国内で働いているタクシー運転手の平均年収は、サラリーマンと同程度の平均ですが、それらはあくまでも平均の数値であり、中には高い給料をもらっている運転手も少なくありません。
タクシーの給料は乗客を乗せて走った距離がながければ長いほど高くなるので、どこのエリアに行けばお客さんを乗せられるかをきちんと分析しているドライバーならば高収入も夢ではないのです。
自分で努力をすればするほどそれが収入にもつながっていくという面白さがあるので、他の仕事には無いやりがいがあります。
タクシーの給料システムは歩合給と基本給のため他の仕事とは異なりますが、努力を怠らない人ならば必ず高い収入に結びつくため多くの人から人気を集めています。
人気の理由はこれだけでなく、ドライバーを育成してくれる制度にもあります。
タクシー運転手というと経験者しか採用していないと考える方もいますが、普通免許を持っている方ならば未経験からでも入社することができ、二種免許の取得も会社側がバックアップを行ってくれます。
人材育成にも定評があるのがタクシー業界なので、老若男女問わず志望者がいます。
運転が好きで人にサービスがするのが大好きという方にはこの上ない適職ですから、頑張れば給料がアップする仕事を探しているならタクシー運転手を選択するのも悪くは無いでしょう。
タクシーの仕事は毎日どこのエリアから長距離乗るお客さんがいるのかを分析することで高い給料を得ることが可能です。

営業に有利な会社を選ぶ

TAXI

自動車の運転を日常業務とする職業の中でも、タクシードライバーは給料の個人差が非常に大きい点が特徴です。
大半のタクシー会社では歩合制を採用しているため、多額の売上を上げているドライバーほど給料も多くもらえるという計算になります。
タクシードライバーの求人を探す際には、利用客の多いエリアで営業できるような職場を選ぶのが高年収を実現するための条件なのです。
タクシー会社の給与体系の中で基本給が占める割合は全般に低く、給与保障があっても他の職種に比べると金額面ではだいぶ少なくなってしまいます。
その反面歩合給の方は地方の会社でも平均50%前後に設定されており、都内など歩合の割合が高いエリアでは60%以上の会社も少なくありません。
歩合の高いタクシー会社は利用客の多い地域を拠点としている例が多く、そういったエリアで営業を行うことでより多くの給料を稼ぐことが可能になります。
特に長距離の利用客が多く得られる営業ポイントや、多くの企業とタクシー券の契約をしている職場は稼ぎやすいものです。
就職先のタクシー会社を選ぶ基準としては以上のような給料面だけでなく、サポート体制もチェックする必要があります。
乗務を行うには普通自動車二種運転免許が欠かせませんが、二種免許を持っていない人でも取得サポート制度のある会社を選べば費用を負担してもらえます。
事故補償がある会社なら乗務中に事故を起こしてしまった場合でも自分で損害賠償金を支払う必要がないため、安心して仕事に専念できるものです。
職場環境が良好なタクシー会社は概して評判も良く、安定した利用客数が確保されるため営業面でも有利になります。
タクシードライバーの求人を探す際には、そうした評判や給料面・サポート体制を事前にチェックすることが欠かせません。
転職をサポートしているサービスでも優良なタクシー会社を紹介しており、給料を多く稼げる職場を選ぶのに役立ちます。

時代に合わせて業界も変化

タクシー

タクシー運転手として活躍していく上で押さえておかなければならないのが、給料の仕組みです。
タクシー業界は昨今の働き方としては珍しい歩合制を採用している数少ない業界です。
多くの乗客を乗せて多く売り上げを上げればその分、給料に跳ね返って来ます。
歩合率という形で売り上げに占める歩合の割合が各社決められており、タクシー会社選びの際には重要なポイントとなります。
ただし、必ずしも歩合率が高ければ良い訳では無く、福利厚生などとのバランスも見なければなら無いので、給料をチェックする際には注意が必要です。
また、近年は安定志向の方が多いという時代背景も受けて、固定給を採用するタクシー会社も登場してきているので、多様な働き方が選べる様になってきていると言えるでしょう。
この様に給料形態こそ、会社によって異なりますが、仕事内容に関しては基本的にどのタクシー会社でも大きな違いは無く、自身の担当するエリアを回って、客を目的地まで乗せて行くのが主な仕事となります。
タクシー運転手の仕事は駅前などで待機して、利用者を待ったり、街中を回って利用者を乗せるのが一般的ですが、本部からの無線連絡により、予約が入った場所まで駆けつける事も仕事としてあります。
近年はスマートフォンアプリなどから配車が出来るサービスなども登場している為、予約のあった場所まで駆けつけるというスタイルは増加傾向です。
タクシー業界も時代の変化に合わせて日々、働き方も変わってきていると言えるでしょう。

仕事の流れをつかんでおく

TAXI

タクシードライバーの月間勤務日は11日で、約15時間から20時間程度の勤務時間で3回の休憩を取りながら営業をします。出勤後朝礼を受け乗務員証を手渡され営業へと出発します。就業時間が終了すると燃料を補充して会社へと戻るという流れになります。求人の際は、仕事の内容を掴んでから申し込むといいでしょう。

もっと読む

努力が稼ぎに繋がる

タクシー

タクシーの給料は基本給と歩合給という独特の給与システムですが、努力をすればするほど収入も比例して伸びていくので。毎日切磋琢磨して努力を忘れない方ならばタクシー運転手でも高い給料をもらうことができます。

もっと読む

自分のペースでできる

TAXI

タクシー運転手の求人が注目されているのは、比較的、年齢の上限がゆるいからです。高齢でも採用されることがあります。また、他の仕事と掛け持ちできることもあるので、シフト制勤務可能なところもお勧めです。いろいろと比較してみましょう。

もっと読む