【給料が高い】タクシー運転手へ転職するメリットをリサーチ

個人と法人は大きく異なる

それぞれに魅力あり

女性

タクシーには個人タクシーと法人タクシーの2つの種類があるのをご存知でしょうか。
利用する側からすると個人タクシーも法人タクシーも大きな差はありませんが、実際に働く側からすると大きな違いがあります。
そもそも個人タクシーとは独立開業をし仕事を行うものを指し、法人タクシーとは会社に属して仕事を行うものを指します。
乗客を乗せるという点は同じですが、最も異なる部分の1つが給料面と言えます。
法人の社員として働く場合、売上金額の何割かが、歩合としてそのまま給料に直結する形となっており、歩合の率が何割かで給料が大きく変わって来ます。
なお、中には歩合制を取らず、一般的な企業同様に固定給を採用するケースも近年、増加傾向にあるなど法人と一言で言っても、そのあり方は千差万別です。
一方、個人で仕事を行う場合、全てが自分の売上となります。
しっかりと働けばその分、給料は上がりますが、逆に仕事を怠けるとそれも給料に大きく影響をして行くのです。
もちろん、仕事を行う上で欠かせないガソリン代などの経費は自身で賄わなければいけないので、それらもしっかりとコントロールして行かなければなりません。
見返りは大きい分、それに伴う責任も発生して行きますが、非常にやりがいがあると言えるでしょう。
この様に個人タクシーと法人タクシーとでは給料形態に大きな違いがあるので、タクシー業界で働こうと考えている方はしっかりと違いを押さえておきましょう。

サイトを確認する

車内

タクシードライバーの給料は平均で300万円台と言われています。
これは人や会社によって大きく違いますが、平均を取るとこの程度で給料は景気に大きく左右されます。
タクシードライバーは人を沢山乗せて遠くまで運転すればその分稼ぐ事が出来ます。
つまり歩合色が強く、実際に給料は基本給+歩合給で構成されています。
タクシーの利用は景気が良ければ多くなりますので、景気を反映している代表的な職業と言えます。
タクシードライバーの求人で注目すべき点は3つあります。
1つ目は平均年収です。
その会社では平均や最高額がどの程度の給料かを知る事は働く上で重要です。
求人票以外にも企業HPなどを参考に確認する事が大切です。
2つ目は給料保証制度です。
ドライバーになれるまでの3か月や半年は給料を保証する制度です。
会社によって制度がない場合もあります。
3つ目は給料以外に勤務体系がしっかりしているかどうかです。
無理な勤務で体を壊してしまう事がないように勤務体系も注目すべき点です。
この3つを中心に様々な会社の求人を比較検討する事が重要です。
また歩合給で稼ぐ為には、会社の配車サービスが優れている、法人契約が多い、タクシーチケットの利用が可能等の会社としてのバックアップ制度が必要です。
特に平均年収が高い会社はこの傾向が強くなりますが、このようなバックアップ制度は求人票だけでは見つけにくく、口コミや転職サイト等を参考にして情報収集する事も必要です。

納得の行く働き方をしよう

TAXI

タクシー業界への就職、転職を考えている方が気をつけなければならない点が給料の形態です。
タクシー業界は他の業界とは異なる文化を持っており、給料の形態が異なります。
大きく分けて3つの給料形態が業界内で採用されており、どの形態を採用しているかはそれぞれの企業によって違いがあります。
その3つの給料形態が歩合制と固定給を織り交ぜたA型賃金、完全歩合制を採用しているB型賃金、そして、A型とB型を上手く融合したAB型賃金の3つです。
それぞれにメリットとデメリットが存在している為、どの給料形態が良いという事は言えず、個人の働き方や希望する給料の水準によって選ぶべき給料形態が変わって来ると言えるでしょう。
例えば、A型賃金は固定給と歩合給が組み合わされたタイプですが、固定給で安定している反面、歩合給部分の給料への反映が完全歩合のB型賃金と比べて少なくなるので、多くの乗客を乗せて稼いでも給料には反映されずらいという点があります。
一方、B型賃金の様に完全歩合になると不慣れな方の場合、収入が不安定になる傾向にあり、生活に支障が出るケースがあるのです。
これらA型、B型のメリット、デメリットをカバーする形で近年、AB型という賃金スタイルが登場し、タクシー業界で主流になりつつあります。
AB型では固定給と歩合給の内、一定割合をプールし、それを賞与として支払うスタイルが採用されており、毎月の安定性を確保しながら、頑張って分もしっかりと帰ってくる様になっています。
この様にタクシー業界の給料形態は多岐に渡っているので、自身の望む働き方や収入の水準と照らし合わせて選んでいくのが良いでしょう。

仕事の流れをつかんでおく

TAXI

タクシードライバーの月間勤務日は11日で、約15時間から20時間程度の勤務時間で3回の休憩を取りながら営業をします。出勤後朝礼を受け乗務員証を手渡され営業へと出発します。就業時間が終了すると燃料を補充して会社へと戻るという流れになります。求人の際は、仕事の内容を掴んでから申し込むといいでしょう。

もっと読む

努力が稼ぎに繋がる

タクシー

タクシーの給料は基本給と歩合給という独特の給与システムですが、努力をすればするほど収入も比例して伸びていくので。毎日切磋琢磨して努力を忘れない方ならばタクシー運転手でも高い給料をもらうことができます。

もっと読む

自分のペースでできる

TAXI

タクシー運転手の求人が注目されているのは、比較的、年齢の上限がゆるいからです。高齢でも採用されることがあります。また、他の仕事と掛け持ちできることもあるので、シフト制勤務可能なところもお勧めです。いろいろと比較してみましょう。

もっと読む